中小企業のみなさま!こんなお悩みありませんか?

  • 補助金を使って販路開拓を図りたい
  • どの経費が対象になるのか分からないので相談したい
  • 持続化補助金に興味はあるけど、公募要領の読み込みや要件の確認が複雑でよく分からない
  • アイデアはあるが、上手く事業計画書に落とし込める自信がない
  • できれば補助金のプロに相談しながら申請を進めたい
  • 採択後の手続き(交付申請、実績報告)の仕方が分からない

そのお悩み、サクモフにお任せください

補助額最大200万円持続化補助金の申請をサクモフが徹底的にサポートします!

小規模事業者持続化補助金とは

「小規模事業者持続化補助金)(=持続化補助金)」とは、小規模事業者が自社の経営を見直し、販路開拓や生産性向上の取組みを支援するため、広告・店舗工事・機械導入・システム導入など、様々な使いみちで補助金を申請できる制度です。

特別枠もうまく活用すれば、最大200万円の補助を受けられる可能性があります。

小規模事業者持続化補助金の概要

1.補助対象者中小企業者、個人事業、特定非営利法人等
※商業・サービス業の場合:常時使用する従業員の数 5人以下
※宿泊業・娯楽業の場合:常時使用する従業員の数 20人以下
※製造業・その他の場合:常時使用する従業員の数 20人以下
2.補助率補助対象経費の「2/3」 ※一部事業者のみ「3/4」
3.補助額通常枠    :50万円
賃金引上げ枠 200万円
卒業枠    :200万円
創業枠    :200万円
後継者支援枠 :200万円
インボイス枠 :100万円
4. 補助対象経費①機械装置等費 補助事業の遂行に必要な製造装置の購入等
②広報費 新サービスを紹介するチラシ作成・配布、看板の設置等
③ウェブサイト関連費 ウェブサイトやECサイト等の構築、更新、改修、運用に係る経費

※制限有(上限1/4まで、単独での申請不可)
④展示会等出展費 展示会・商談会の出展料等
⑤旅費 販路開拓(展示会等の会場との往復を含む)等を行うための旅費
⑥開発費 新商品の試作品開発等に伴う経費
⑦資料購入費 補助事業に関連する資料・図書等
⑧雑役務費 補助事業のために臨時的に雇用したアルバイト・派遣社員費用
⑨借料 機器・設備のリース・レンタル料(所有権移転を伴わないもの)
⑩設備処分費 新サービスを行うためのスペース確保を目的とした設備処分等
⑪委託・外注費 店舗改装など自社では実施困難な業務を第3者に依頼(契約必須)
5.スケジュール第9回:2022年9月20日(火)
第10回:2022年12月上旬
第11回:2023年2月上旬


事業再構築補助金 申請支援の流れ

1.初回ヒアリング
貴社のご検討する事業計画をヒアリングいたします。初回ヒアリングは無料となります。
ヒアリング内容を要件に沿って審査した後、ご契約可否を判断させていただきます。
2.ご契約締結
貴社宛にご契約可能である旨ご連絡後、コンサルティング(業務委託)契約を締結いたします。
業務着手日までの締切で、手付金のご請求をさせていただきます。
3.詳細ヒアリング、提出書類収集
貴社宛に事業計画の詳細をヒアリングした後、当社にて事業計画書の作成を行います。
決算書類等の申請時提出書類をご案内し、回収させていただきます。
4.申請書提出
申請時提出書類が整い次第、持続化補助金の申請を行います。
結果が「採択」となった時点で、成功報酬部分のご請求をさせていただきます。(翌月末締切)

※事業計画や財務状況によっては、ご契約をお断りする可能性がございます

報酬額

【プラン①】

(サポート範囲)事業計画書作成、申請書類の作成支援、電子申請支援

(利用対象者)実績報告など、採択後の手続きをご自身で行う事業者

(手付金) 5.5万円(税込)

(成功報酬)補助金交付申請額×11%(税込)

(報酬請求タイミング)採択決定時※補助金入金前です

【プラン②】

(サポート範囲)事業計画書作成、申請書類の作成支援、電子申請支援、採択後のサポート・実績報告書の作成支援

(利用対象者)補助金入金までのサポートを希望される事業者

(手付金) 5.5万円(税込)

(成功報酬)補助金交付申請額×11%(税込)5.5万円(税込)

(報酬請求タイミング)採択決定時※補助金入金前です

お問い合わせはこちら

「持続化補助金申請支援について」を選択し、まずはお気軽にお問い合わせください!