freeeがあれば税理士は要らない?不要なケースと併用した方が良いケースを紹介!

「freeeがあれば税理士は要らないのではないか」と思い始めてfreeeの導入を検討している人もいるでしょう。

クラウド会計ソフトとして有名なfreeeを導入すれば、経理や会計にかかわる仕事を効率的におこなえるので、税理士がいなくても問題なさそうだという発想が出てくるのももっともなことです。

ただ、わかっていても本当に税理士なしにして大丈夫なのかが不安な人もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事ではfreeeの導入によって、税理士が要らない状況ができるのかを解説します。

\かんたん5分で無料登録/

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

税理士がいなくてもfreeeでできること

freeeがあれば税理士がいなくても大丈夫なのかどうかを考えるには、まずfreeeでできることを理解するのが大切です。ここではfreeeの基本機能と導入メリットを確認しておきましょう。

freeeの基本機能

クラウド会計ソフトのfreee会計では個人事業主にも法人にも対応していて、以下のような機能を利用できます。

プランによって利用できる機能には違いがありますが、会計や経理の業務ソフトとして必要な機能が一通り揃っているのが特徴です。

  • 取引の記録
  • 帳簿の記帳
  • 決算報告書の作成
  • 債権債務の管理
  • 経費精算の処理
  • 確定申告・消費税申告
  • 見積書・請求書・納品書の処理
  • 電子帳簿による証票管理

税理士に依頼することが多い帳簿の記帳や確定申告、決算書の作成などの業務はfreeeでおこなえます。

顧問税理士の契約をしたり、税理士に書類作成を依頼したりする必要がなくなる可能性があるのは確かでしょう。

freeeを導入するメリット

freeeを導入すると経理や会計の業務を効率化できます。経理や会計に関連するデータベースを一元的に管理できるようになるからです。

自動処理のシステムが整っていて、領収書の情報を取り込むだけで複式簿記の記帳を自動でおこなうこともできます。帳簿に基づいて確定申告書類を作成することも可能です。

また月次決算や四半期決算の内容を報告書としてまとめたり、グラフにしてわかりやすく示したりすることもできる多機能な会計ソフトです。

自動化によって転記ミスなどのヒューマンエラーも減らせるので、経理の正確性を高める上でもfreeeは有効活用できます。

freeeがあれば税理士が要らないケース

freeeがあれば経理や会計の業務を効率化し、正確性も高められるので税理士は要らないと言えるケースがあります。具体的にどのようなケースでfreeeがあれば十分なのでしょうか。

事業や企業の規模が小さい

個人事業主として働いていたり、事業規模が小さい法人を経営していたりする場合にはfreeeだけでも十分でしょう。

経理業務の量が少なく、複雑な取引もあまりないケースが多いからです。freeeがあれば日々の経理業務は効率的におこなえます。

決算書や確定申告書類も作成できるので、freeeを使っていれば税理士がいなくても問題ないでしょう。

税制に詳しくて税理士の知識が必要ない

税制について知識があって税理士からアドバイスを受ける必要がない人はfreeeがあれば十分でしょう。

効率的に経理業務を進められるツールとしてfreeeを生かせば業務負担が軽減されます。

freeeだけにせずに税理士も利用した方が良いケース

freeeがあるだけでは十分ではないケースもあります。税理士もfreeeと併用した方が良いケースも紹介するので参考にしてください。

会計や税制についての知識に自信がない

freeeによる業務効率化をしても、会計や税制についての知識を学べるわけではありません。

会計や経理の業務は正しくおこなうのが最も重要なので、自信がないなら税理士に頼った方が安心でしょう。

税制を学んで節税をしたいときにも税理士にアドバイスを受けるのが良い方法です。

一番大切なことは事業の規模がどうであれ、経営計画をしっかりと実行しながら将来的に売り上げを得ていくことだと思います。

業務をコンパクト化したい

freeeは会計や経理の業務の負担を減らせるのは確かですが、業務が不要になるわけではありません。

税理士に依頼すれば確定申告や決算書の作成などの業務委託ができます。

社内の業務をコンパクト化したいときにはfreeeを導入して内製化する部分と、税理士に依頼して外製化する部分を分けると良いでしょう。

freeeでは税理士の招待が可能

freeeは税理士を招待して効率的に業務を進められるサービスがあります。

freeeアドバイザー制度に加入している税理士を検索して依頼できるのがfreeeの特徴です。依頼先の税理士が有料会員または認定アドバイザーの場合には、無料で招待してfreeeの情報を共有して作業をしてもらうことができます。

税理士は要らないと思っていたけれど、実際にfreeeを使ってみると税理士もいた方が良いと思うようになることもあります。

その際にすぐに優秀な税理士に仕事を依頼できるのでfreeeは便利です。

「freee」を30日間無料でお試し

「freee」は30日間無料でお試しが可能です。

無料でお試しして自社に合った会計ソフトかどうかを料金を支払う前に確認しておけば、毎月のランニングコスト以上のメリットを実感できるでしょう。本契約されるまで自動で支払いが発生することもないため安心です。

\かんたん5分で無料登録/

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

まとめ

まとめ

freeeの基本機能

  • 取引の記録
  • 帳簿の記帳
  • 決算報告書の作成
  • 債権債務の管理
  • 経費精算の処理
  • 確定申告・消費税申告
  • 見積書・請求書・納品書の処理
  • 電子帳簿による証票管理

freeeがあれば税理士が要らないケース

  • 事業や企業の規模が小さい
  • 税制に詳しくて税理士の知識が必要ない

freeeだけにせずに税理士も利用した方が良いケース

  • 会計や税制についての知識に自信がない
  • 業務をコンパクト化したい

freeeは経理や会計の業務の効率化をするのに効果的で便利なクラウド会計ソフトです。日常的な経理業務を円滑におこなえるだけでなく、自動で確定申告書類や決算報告書の作成もできます。

freeeがあれば税理士が要らない状況にできる可能性も十分にあります。もし税理士が必要になったとしても、freeeのアドバイザー制度に加入している税理士に相談することが可能です。

必要なときには業務を依頼することもできるので、まずはfreeeを導入してみることをおすすめします。

freeeにはお試しサービスもありますので、一度どんなものか試してみてから税理士なしで問題ないかどうかを試してみてはいかがでしょうか。

\かんたん5分で無料登録/

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

■こちらの記事もおすすめ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です