電子契約システム「freeeサイン(旧NINJA SIGN)」の無料プランでできることは?有料プランと何が違うの?

みなさんこんにちは。

シンプルな操作で簡単にWeb上での契約手続きが行える電子契約システム「freeeサイン(旧NINJA SIGN)」。

この「freeeサイン」には無料プランと有料プランがあります。

無料プランはなんと期間制限なしで完全無料です。無料プランでも多くの機能を使用する事ができますが、有料プランと比較すると利用できる機能に制限があります。

そこで今回は、「freeeサイン」の無料プランでできることを有料プランとの違いとともに詳しく解説します。

すぐに無料プランを試してみたい方は以下リンク先よりお試し可能です!

\かんたん5分で無料登録/

freeeサイン

電子契約システム「freee サイン」とは

電子契約システム「freee サイン」は、文書の作成、締結、管理まで、契約業務の煩雑なプロセスをこれ1つでオンラインで完結するワンストップ型の電子契約システムです。freee サインは、外部機関の調査により「使いやすさ No.1」の評価を得ています。
「freee サイン」を使用することで初めての電子契約業務も、簡単に行えます。

(出典)電子契約システム freee サイン 公式HP

「freee サイン」を提供する「freee株式会社」の会社概要は以下の通りです。

【会社概要】

会社名freee株式会社
設立2012年7月
従業員数
656人(※2021年6月末時点、連結会社の正社員数)
本社住所〒141-0031 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
支社中部支社、関西支社、九州支社
営業所京都営業所、広島営業所
(出典)電子契約システム freee サイン 公式HP

「freee サイン」の無料プランでできること

電子契約システム「freee サイン」の無料プランでは、以下4つの機能を完全無料で利用できます。

  1. 無料プランでは、契約書作成・締結締結機能が使用可能です。
  2. 月に送信できる契約書の数が1通になっています。(月初めにリセットされます)
  3. 登録できるテンプレートがPDFのみ、登録テンプレート数が3個までです。
  4. タイムスタンプ機能がつきます。

意外にも多くの機能を使用することはできます。毎月1通は完全無料で契約締結が可能です。無料プランは期限がないのも驚きです。

これらの機能は有料版と同じ画面やインターフェースで利用できるので、これだけでも活用できますし、有料版利用前に雰囲気や利便性を確認しておくためにも最適です。

\かんたん5分で無料登録/

freeeサイン

無料プランと有料プランの違い

「freee」の法人向けプランの無料版と有料版では、以下のような違いがあります。

無料プランLightLight PlusProPro Plus
料金0円年払い:4,980円/月
月払い:5,980円/月
年払い:19,800円/月
月払い:23,800円/月
年払い:50,000円/月
月払い:60,000円/月
年払い:120,000円/月
月払い:144,000円/月
アカウント数116要相談要相談
送信数1通/月50通/月無制限無制限無制限
テンプレート登録数3個まで無制限無制限無制限無制限
タイムスタンプ
文書の一括送信××
セキュリティ強化×
API連携×
(出典)電子契約システム freee サイン 公式HP

「freee サイン」の有料プランをご検討の場合は、資料請求も可能!

(出典)電子契約システム freee サイン 公式HP

「freee サイン」の有料プランをご検討の場合は、まずは資料請求をして詳細確認いただくのがおすすめです。

この資料ではfreee サインについて、電子契約サービスの概要や導入することによる効果と併せて確認可能です。 電子契約サービスやfreee サイン導入のご検討を始めた方はまずこちらの資料をご覧ください。

≪この資料でわかること≫
会社紹介、電子契約を取り巻く環境、電子契約の導入効果、freeeサインの特徴、freeeサインが選ばれる理由、料金プラン、導入ステップ、導入事例

\Webで簡単、資料ダウンロード/

freeeサイン

まとめ

まとめ

・「freee」には期間制限なしで完全無料で利用できる「無料プラン」がある

・無料プランでできることは主に以下の4つ

  1. 無料プランでは、契約書作成・締結締結機能が使用可能です。
  2. 月に送信できる契約書の数が1通になっています。(月初めにリセットされます)
  3. 登録できるテンプレートがPDFのみ、登録テンプレート数が3個までです。
  4. タイムスタンプ機能がつきます。

・有料プランでは各機能を制限なく利用可能

・有料プラン検討時は、資料請求も可能

いかがだったでしょうか。今回は、電子契約システム「freee サイン」の無料プランでできることを有料プランとの違いとともに解説しました。

「freee サイン」は簡単操作で契約業務を大幅に効率化できる非常に便利なツールです。

気になる方は、まずは無料でお試ししてみましょう!

\かんたん5分で無料登録/

freeeサイン

■こちらの記事もおすすめ

【最新2022年度版】無料で使える電子契約サービス10種類を比較!おすすめはfreeeサイン(フリーサイン)※旧NINJA SIGN

Follow me!

電子契約システム「freeeサイン(旧NINJA SIGN)」の無料プランでできることは?有料プランと何が違うの?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です