中小企業診断士の通信講座を比較!選び方のポイントとおすすめを紹介

中小企業診断士資格の取得を志した時に、まず勉強方法を決めなければなりません。

今では多数の良質な通信講座があり、オンラインでの勉強を選ぶ方が増えています。

オンラインの通信講座で学ぶと時間を有効活用でき、料金も安くおさえられます。

ただ、どの通信講座を選んだら良いか迷ってしまうこともあるでしょう。中小企業診断士の通信講座は増えてきているので、比較した中からベストを選びたいと思うのは当然のことだと思います。

この記事では中小企業診断士の通信講座の選び方と比較から選び出した、おすすめの通信講座を紹介します。

中小企業診断士通信講座の選び方

中小企業診断士通信講座を選ぶときには何を比較して決めると良いのでしょうか。

ここでは「選んで良かった」と言える通信講座の選び方のポイントを説明するので参考にしてください。

受講して合格している人が多い

中小企業診断士の試験に合格している人が多いのは重要なポイントです。

合格者数が多い、合格率が高いといった情報があれば受講して資格を取得できる可能性が高いと言えます。

合格者数の少ない通信講座は、けして優れていないという訳ではありませんが、やはり通信講座を選ぶ基準としては合格者数の数をみていくべきだと思います。

合格実績が高いのは中小企業診断士の通信講座を選ぶときに確認しておいた方が良いでしょう。

合格に向かう学習の流れが整っている

中小企業診断士の試験合格には通常は1,000時間程度の勉強が必要と言われています。

しかし、合格に向かうための学習方法を最適化すれば効率が上がり、短期間での合格も可能です。

全くの独学で学習していくとなると、書店でテキストを購入して勉強していく事になるかと思います。

テキストを最初から順番にやっていけばいいと思いがちですが、効率的な学習とは適切な時期に過去問をやったり、集中的に取り入れるべきトピックのタイミングがあったりするものです。

学習の流れが整っていて、個人の特徴に合わせてくれるシステムがあると効率的に学習を進められます。

学びやすいように教材が工夫されている

通信講座で中小企業診断士の試験対策をするときには、自分で学びたいという気持ちを持ち続けるのが大切です。

けれどこの学びたいという気持ちを継続するという事が一番難しいものです。

だからこそ、少しでも学びやすいように教材が工夫されていてモチベーションを高められる通信講座を選ぶのは重要なポイントです。

例えば、「ビデオ教材で気軽に視聴できる」「テキストを開かなくてもスマホで勉強できる」といったサービスがあると学びやすくなります。

料金がリーズナブルで費用対効果が高い

中小企業診断士の通信講座を選ぶときには料金が気になる人が多いでしょう。

安ければ良いと考えるかもしれませんが、あくまでリーズナブルな価格という視点を持つのが大切です。安い代わりに教材の質が低い、合格者がほとんどいないといったこともあり得るからです。

またあまりに安いサービスを提供しているために、サポート体制が整っていないことだってありえます。

費用対効果が高い通信講座を選び出すという考え方を持ちましょう。

中小企業診断士のおすすめ通信講座を比較

中小企業診断士の試験対策に生かせる通信講座はたくさんあります。

ここではその中で選び方の企保的なポイントを押さえているおすすめの通信講座をピックアップしました。

以下の4つが中小企業診断士を目指す人におすすめです。

  • スタディング
  • フォーサイト
  • アガルート
  • 診断士ゼミナール

通信講座の内容はそれぞれ異なっています。受講料金と特徴について個別にまとめたので、魅力的な通信講座を選んで受講しましょう。

スタディング

スタディングは中小企業診断士だけでなく多様な資格講座を提供していて、オンラインで効率的に学ぶことに力を注いでいます。

スマホでの学習を早期に取り入れ、AIによる効率化も導入している点で業界を牽引する新しいサービスの提供を進めているのがスタディングの魅力です。

スタディングは中小企業診断士だけでなく多様な資格講座を提供していて、オンラインで効率的に学ぶことに力を注いでいます。

スマホでの学習を早期に取り入れ、AIによる効率化も導入している点で業界を牽引する新しいサービスの提供を進めているのがスタディングの魅力です。

特徴

  • 中小企業診断士の合格シェアがトップクラス
  • AI学習プランによる最適化に対応
  • 倍速再生可能なビデオ教材による効率的な学習
  • スマート問題集とAIスコアの活用が可能

受講料金:48,400円~

スタディング 中小企業診断士講座

【スタディング 中小企業診断士講座の料金と内容】

フォーサイト

フォーサイトは通信講座による資格取得をサポートしてきた老舗で、中小企業診断士もカバーしています。

全体として見ると累計受講者数が35万人に達していて、合格実績にこだわるサービスを提供しているのが魅力です。

スピード感と合格率のバランスを考えつつ、受講者のモチベーションを上げる工夫をしています。

特徴

  • オリジナルのeラーニングManaBunを採用
  • 1次試験の合格率が50%で全国平均の1.37倍
  • 合格グッズや合格お祝いや全額返金保証を利用可能
  • 最短8ヶ月で合格できる学習プラン

受講料金:77,800円

アガルート

アガルートはサポートに力を注いでいて資格予備校としてサポート体制や支持率、口コミ評価の調査でトップになった実績があります。

多様な資格に対応していますが、中小企業診断士についても専門性の高いスタッフを揃えて対応しています。

困ったときに気軽に聞ける質問制度があるのが人気です。

特徴

  • 科目別にスペシャリストが教材を制作
  • オンライン講義とデジタルブックの併用
  • Facebookグループに参加して質問可能
  • 合格特典で全額返金やお祝い金の進呈

受講料金:49,800円~

診断士ゼミナール

診断士ゼミナールは中小企業診断士の試験合格に特化している通信講座です。

安くても結果がでる学習システムにする方針を立てていて、受講料金では業界最安値を達成しています。

一番安いだけあって、テキストの品質などが他と比べると少々劣っていることは否定できませんが、それを有り余って補えるほどのコストパフォーマンスです。

後払いや分割払いにも対応するなど、中小企業診断士になりたいけれど料金の支払いに不安がある人を徹底サポートしているのが特色です。

特徴

  • 中小企業診断士に特化した通信講座を提供
  • 2021年度に合格率74.0%(1次試験)・35.6%(2次試験)の実績
  • 最大3万円の合格お祝い金の提供
  • 添削指導と質問フォロー制度によるサポート

受講料金:27,780円

まとめ

まとめ

中小企業診断士の通信講座でおすすめは以下の4つ

  • スタディング
  • フォーサイト
  • アガルート
  • 診断士ゼミナール

どれもコストパフォーマンスに優れ、実績も十分!

当社ではこの4つの通信講座の中でも特にコストパフォーマンスと実績を鑑みて、「スタディング」を選んでおくと間違いないと考えます。

中小企業診断士の通信講座は個々に特徴があるので比較して納得できる講座を選び出すのが大切です。

ここでは中小企業診断士の通信講座として人気も実績もあるところをピックアップして紹介しました。受講料金もリーズナブルな講座ばかりなので、中小企業診断士の試験対策をしたいと思っているなら上記の中から候補を選ぶのがおすすめです。

学習効率を上げるのは中小企業診断士の資格取得に欠かせないポイントなので、教材やサービスの特徴を見てベストな通信講座に申し込みましょう。

スタディング 中小企業診断士講座

筆者がスタディングを使って中小企業診断士 試験に合格した時の勉強時間・勉強方法は以下記事をご参考ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。