【事業再構築補助金5次】採択発表!通常枠の採択率は39.8 %!

令和4年6月9日、事業再構築補助金第5回公募の採択結果が発表されました。

採択件数・採択率

申請数:21,035者 (うち通常枠:16,185者、大規模賃金引上枠:13者、卒業枠:21者、緊急事態宣言特別枠4,509者、最低賃金枠306者、グローバルV字回復枠:1者)

採択数:9,707者 (うち通常枠:6,441者、大規模賃金引上枠:8者、卒業枠:9者、緊急事態宣言特別枠3,006者、最低賃金枠243者、グローバルV字回復枠:0者)

採択率は以下の通りです。通常枠で4割、全体でも5割を切るなど、苦戦した事業者が比較的多い印象でした。

事業再構築補助金事務局「事業再構築補助金第5回公募の結果について」より当社作成

採択者一覧

採択者一覧はこちらです。

応募金額・採択金額の分布

応募金額及び採択金額の分布(全類型合計)を1,500万円単位で分析すると、100~1,500万円が最も多く、全体の4割以上を占めています。

次いで、応募金額は1,501~3,000万円、採択金額は1,501~3,000万円と3,001~4,500万円案件が2割以上となっています。

もちろん一概には言えませんが、弊社が支援した事業者さまでは売上高に匹敵するような(分不相応と思われても仕方ない)補助金額の案件が比較的不採択となっている印象です。

事業再構築補助金事務局「事業再構築補助金第5回公募の結果について」より

認定支援機関別応募・採択状況

認定支援機関別に応募状況を分析すると、金融機関が約8,300件で最も多く、次いで税理士関係が約4,000件、商工会・商工会議所が約2,800件となっています。

事業再構築補助金事務局「事業再構築補助金第5回公募の結果について」より

一方、採択率でみると、中小企業診断士、商工中金、民間コンサルティング会社、公益財団法人が50%を超えています。
このように、支援機関に事業計画書作成の支援を依頼する場合は、採択率を基準に考えた方が良いでしょう。

中でも中小企業診断士による支援の採択率は52.9%と、TOPの公益財団法人55.2%に次いで2番目に高くなっています。

弊社でも中小企業診断士による申請支援を行っています。再チャレンジをご検討の事業者の方はぜひお問い合わせください。↓

今後のスケジュール

次回6次の締め切りは既に開始されています。
申請締め切り等は以下の通りとなっていますので、余裕を持って準備していきましょう。

申請締切: 2022年 6月30日 18:00

「公募要領や申請方法が難しくて分からない・・・」、「どんな事業計画書を書けば良いのか分からない」、「一度プロに相談してみたい」といった方はぜひ弊社サクモフにお問い合わせください

「公募要領や申請方法が難しくて分からない・・・」、「どんな事業計画書を書けば良いのか分からない」、「一度プロに相談してみたい」といった方はぜひ弊社サクモフにお問い合わせください

事業計画書作成~申請までを強力にバックアップするコンサルティングを提供しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。